Derplas 005.jpg
IMG_0002.JPG
Picture 017.jpg
orbita3.jpg

当社について –レイバーセーブについて

レイバーセーブは、 2004 年に、ベニー・コーエンが、プラスチックの製造設備で、作業員が人の手でプラスチックのペレットをホッパーに開けているのを見たときに着想されたシステムです。コーエンは、人の手で袋の中身を出すことが、いかに非効率で労働力の無駄になっているかを考え、自動ソリューションを提供する機械の設計に着手しました。
リーダーには、常に多大な責任が伴います。当社は、現在の顧客様、将来の顧客様、そして当社従業員と当社自身にも大きな責任を負っています。 レイバーセーブは、最初の自動袋開封中身取り出しソリューションで、追従メーカーも出てきている現在、当社はさらなる価値の向上と提供に邁進しています。
アヤル・ロボティクス&エンジニアリングリミテッド(Eyal Robotics & Engineering Ltd.) は、ロボティクス、ソフトウェアエンジニアリングと、ビジネスの専門家集団によって運営されています。
レイバーセーブでは、事業の成功の秘訣は、技術の進度や製造効率の水準ではないととらえています。それよりも、事業の成功は人にあります。上層部の経営と製造ラインにいたるまで、成功する企業の核となる強みは優れた人にあるのです。

Follow Us

Please publish modules in offcanvas position.